川村祐貴の読書記録

23歳。日々読書から得た学びを投稿します。 毎月15~20冊予定。

『ヤバい集中力』鈴木祐

f:id:yuki_book_memo:20220121210637j:plain

ヤバい集中力

2022.01.21
ヤバい集中力
鈴木祐

■要約
集中力とは何なのかを説明した上で、日々実践できる集中力の高め方、コントロールの仕方を教えてくれる本。

■学び
・人生の成功に最も必要なのは、頭の良さではなく「誠実性」である。誠実性とは、目先の欲望に負けず大事なことにコツコツ取り組める集中力のこと。

・4万人を対象とした分析で、仕事への意欲や集中力は、生まれつきの性格によって約50%は説明できると結果が出た。残りの半分は後から修正が可能。

・世に「脳に効く」と喧伝されるサプリは多いが、現実にはカフェインほど効果が実証された成分はない。

・地中海食を徹底するほど脳機能が改善し、ワーキングメモリ、注意の持続力、セルフコントロール能力が向上する。

・「報酬の予感」を自己の管理下に置けるかがポイント。

・デイリータスクを「質問型アクション」で設定する。
 -[名前]は、[時間]に[場所]で[タスク]をするか?

・家計簿を細かくつけた人ほど主観的なストレスが減り、普段の仕事にも気を散らさずに取り組めるようになった。

・「5のルール」を試す。例:読書に集中できなくなったら、あと5ページだけ読む。

・問題のタスクに関して、自分に新たな「肩書き」をつける。

・自分がやるべきタスクの種類によって、専用の作業エリアを設ける。

・自分の感情を物質化して捉える。

・あらかじめ1日のどこかで「自分のことを絶対にジャッジしない時間帯」をつくる。

■アクション
・「5のルール」を実践。
・1日のどこかで自分をジャッジしない時間をつくる。