川村祐貴の読書記録

23歳。日々読書から得た学びを投稿します。 毎月15~20冊予定。

『Hot Pepperミラクル・ストーリー』平尾勇司

f:id:yuki_book_memo:20220313211012j:plain

Hot Pepperラクル・ストーリー

2022.03.13
Hot Pepperラクル・ストーリー
平尾勇司

■要約・感想
ホットペッパーが事業として誕生し、成長していく過程を事実に基づいて物語にまとめた一冊。事業マネジメントとリーダーの役割を実際の現場で起こった事実を通して学べる。

事業立ち上げの実話に基づいた物語は面白い。「渋谷ではたらく社長の告白」(サイバーエージェントの話)「破天荒フェニックス」(オンデーズの話)も創業期のただならない苦労や努力が伝わってきて面白かった。

読んでいるときは時間も忘れて、読んだ後にまだまだやれると鼓舞してくれる。ホットペッパーがクーポンマガジンとして世に知られる過程をお楽しみください。

■学び
ホットペッパーは正社員ではない800名の業務委託、3年の契約社員、アルバイトの人たちによって生み出された事業。

・生活圏・行動権というエリアで範囲を限定し、領域を拡大していくところが新しい発想であり、困難性である。「114の生活圏×領域」のマーケットが現れた。

・「どうやるか?」にはやりたくなる仕掛けが必要。「~ねばならない」「~すべき」を「~したい」に変える仕組みがイベントであり、流れである。

『自分を高める4つの力の磨き方 ELEVATE』ロバート・グレイザー

f:id:yuki_book_memo:20220309204731j:plain

自分を高める4つの力の磨き方 ELEVATE

2022.03.09
自分を高める4つの力の磨き方 ELEVATE
ロバート・グレイザー

■要約
「精神」「知性」「身体」「感情」の4つの力の磨き方を学べる一冊。

どうすれば自分と周りの能力を最大限引き出せるのか、彼の教訓(アクセラレーション・パートナーズの経営、ライター)から解説している。

■学び
・リーダーになることは、自分自身になることに等しい。リーダーになることは、それほどに単純で、それほどにやっかいだ。

マスターマインドグループで知性と感情のキャパシティを広げる。マスターマインドとは、二人以上の人が、調和の精神のもと、明確な目的をもって知識や努力の成果を分かち合うこと。

・ビジョンボードを作成する。

・心のつながり+挑戦=変化

■アクション
・ビジョンボードを作成

『モリー先生との火曜日』ミッチ・アルボム

f:id:yuki_book_memo:20220307214001j:plain

モリー先生との火曜日

2022.03.07
モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム

■要約・感想
日に日に身体が動かなくなる難病ALSに侵されたモリー先生。ミッチに毎週火曜日授業の時間をくれた。死が近づいているモリーは動かなくなった体で人と触れ合うことを楽しんでいた。

モリー先生の話を聞いていると不思議と自分も生徒になった気がして、手を動かすことも話すことも難しくなっていく姿に心が苦しくなりました。

印象的だったのは、「文化がろくな役に立たないんなら、そんなものいらないと言えるだけの気持ちの強さを持たないといけない」という力強い言葉でした。大切なことは自分の文化を持つこと。

たまに読み返したいと思う素晴らしい一冊です。

『自分の中に毒を持て』岡本太郎

f:id:yuki_book_memo:20220304231612j:plain

自分の中に毒を持て

2022.03.04
自分の中に毒を持て
岡本太郎

■感想
岡本太郎さんのまっすぐな生き方に心動かされました。どこを切り取っても異端者です。彼のような考え方では生きていけない、と誰もが思うでしょう。

ただ、彼は生き続けました。誰よりも表現者として生を全うしたのではないかと思います。誰かに好かれようなどという気持ちは一切なく、ただ自分を表現し続けた岡本さんは美しいと思いました。

正直、私はそこまで極端にはなれませんが、一瞬一瞬の歓喜を大切にしたいと思います。ありがとうございます、岡本太郎さん。

『キングダム最強のチームと自分をつくる』伊藤羊一

f:id:yuki_book_memo:20220302071752j:plain

キングダム最強のチームと自分をつくる

2022.03.01
キングダム最強のチームと自分をつくる
伊藤羊一

■要約
キングダムに出てくる言葉をひも解いていく。政や王騎、信…数々のキャラクターの台詞の意図やそれによる仲間の変化を考えると、言葉の持つ重みを感じる。

リーダーとして人の心を動かすために、言葉の長さではなく、何を伝えるべきか、何を示すべきかを考えたい。

■学び
・何かを成し遂げようという思いがwill。そのwillを果たすためにはcanが必要。そして、もう一つ大切な要素が、しなければならないというmust。自分の意志から生まれたものでなくても、人の期待に応える志がwillにつながることもある。

・強いマインドをもち成果を出す人の「共通項」はこのサイクルができていること。
①きっかけがあり、②そのきっかけから自分のマインドのありように気づき、③行動に移し、④振り返り、気づきを得て、⑤また行動する。

『ビジネスエリートになるための教養としての投資』奥野一成

f:id:yuki_book_memo:20220224202645j:plain

ビジネスエリートになるための教養としての投資

2022.02.24
ビジネスエリートになるための教養としての投資
奥野一成

■要約
バフェット流の長期投資をどう実現しているかを学べる一冊。「参入障壁」と「長期潮流」に目を向け投資先を決めていた。

■学び
・バフェットは株価の値動きで投資先企業を選ぶのではなく、永続的に利益を生み出す事業モデルを持っているかどうかをみて、投資判断をしている。投資してから少なくとも5年は保有し続けることを想定して購入している。

・参入障壁を蝕む競争相手が2社、3社とどんどん参入して、競争が激化してくるようだと参入障壁はかなり蝕まれたと言える。

『大学4年間の経済学が10時間で学べる』井堀利宏

f:id:yuki_book_memo:20220222214521j:plain

大学4年間の経済学が10時間で学べる

2022.02.22
大学4年間の経済学が10時間で学べる
井堀利宏

■感想
普段ニュースなどで聞く「インフレ」や「GDP」など、言葉は知っているけど、よく知らないことを理解できる一冊です。

本書では、「30秒でわかる!ポイント」というまとめページがついていて、非常にわかりやすいです。忘れてしまった時もこのページを見れば思い出せると思います。興味のある方はぜひ読んでみてください。

■学び
ミクロ経済学=家計、企業
マクロ経済学=国全体

GDPとは国内総生産のこと。
 ある一定期間にある国内で新しく生産された財やサービスの付加価値の合計。
・GNPとは国民総生産のこと。
 国民が国の内外関係なく稼いだ付加価値の合計。


・拡張的な財政金融政策によって短期的にGDPが増えるが、期待インフレ率が上がることで、長期的には効果が薄れる。